0120-973-873平日 10:00~18:00

INTELLIGENCE 居抜き物件のメリット3選

居抜き物件のメリット3選

           

店を開業する時、居抜き物件かスケルトン物件か、どちらにするか迷われる方もいると思います。この記事では、居抜き物件ならではのメリットを3つご紹介致します。

1.少ない資金で開業出来ます

居抜き物件の最大のメリットは、すでにある設備や内装を譲り受けて利用することで、初期費用を低く抑えられることです。
スケルトン物件(まっさらな状態)から工事するとなると、電気・ガス・給排水工事、吸排気工事、内外装工事、備品の調達等を全てしなくてはいけません。居抜き物件の場合、スケルトン物件の半分の費用に抑えられることもあります。 前の店の設備や内装、備品を譲り受けることを「造作譲渡」と言い、無料のこともありますが、立地や物件が良ければ高額になっています。立地が良いに越したことはありませんが、自分の店のターゲットとなるお客様の通りがどのくらいあるかや、工事費や機器の購入がどのくらい必要か、造作譲渡額がいくらかなど、予算と照らし合わせて考えましょう。
限られた資金で開業するには、物件の上手な活かし方を考えることが大切です。そのためには、工事をせずに済む「何もしなくても良い部分」、内外装などの変更のため「専門家に頼む部分」、節約のためにも「自分でやる部分」の3つに分けて把握しておくと良いでしょう。  

以下は、「ラーメン店出店時の引き渡し状態による費用の差」の1例です。同じラーメン店の居抜き物件なら、スケルトン物件の63%の費用、元居酒屋の居抜き物件なら、72%の費用に抑えられています。

2.短期間で営業開始出来ます           

居抜き物件の場合、大規模な工事が必要でなければ工事期間が短く、物件を借りてから短期間で営業を開始することが出来ます。早くて工事期間が2~3週間ということもあります。物件は、多くの場合、借りた時点で家賃が発生し、工事期間中の家賃を払わなくてはいけません。
工事期間が短いと、その分の家賃の支払いも減り、早く開業することで、売上を立てることが出来ます。

3.以前の店の経営状況を知ることが出来ます

居抜き物件の取引の際、前の経営者と直接話をする機会があります。その時に、中には営業時の売上データを見せてくれる方がいたり、借りる側が驚くほど詳細な情報を得られることもあります。
また、前の経営者以外にも、近隣の店舗へ聞きに行くことも出来ます。こちらも、様々な有益な情報を教えてくれることがあります。そういうのも、近隣に空き物件が長く続くと、一帯のイメージが悪くなってしまうからです。 自分から経営状況を聞く際には、次のような事を聞いておくと良いでしょう。

・経営面‥売上、客単価、来店客数(シーズン別、曜日別、時間帯別など)

・客層‥男女比、年齢層 ・来店客の単位‥1人か、カップルか、家族か、グループか  

このような情報を聞いておくことで、開業前の売上計画の参考になり、具体的なイメージをしやすくなります。また、前の店がなぜ上手くいかなかったのか、その原因を知ることが出来るかもしれません。前の店の失敗を、自分の店で挽回できるようにしましょう。

まとめ

居抜き物件のメリット、3選をご紹介しました。リーマンショック以降、少ない資金で開業出来て、空き物件が増えたこともあり、居抜き物件での開業が増えてきました。居抜き物件ならではのメリットを生かすためにも、色々とリサーチをして、後悔のない物件選びをするようにしましょう。

 

 

CONTACTSお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

0120-973-873 平日 AM10:00~18:00

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-5-5ウインビル3F

WEBでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

協力会社募集

詳細はこちら

東京の店舗設計施工 | 株式会社 クロニカデザイン > お役立ち記事 > 居抜き物件のメリット3選