0120-973-873平日 10:00~18:00

INTELLIGENCE ダンススタジオ開業で注意すること

ダンススタジオ開業で注意すること

ダンススタジオにもダンスの種類によってそれぞれ仕様が違ってきます。
例えばクラシックバレエ、ヒップホップ、タップダンスダンス、フラメンコ、フラダンスなど非常に数多くのスタイルのダンスがありますが、そのダンススタイルに合わせてスタジオ作りにも必要な防音や防振対策があります。

 

ダンスはステップが命と言われていますが、その大事なステップを支えるのがダンススタジオの床です。ダンススタジオは床がすべてと言っても過言ではないでしょう。
ステップによって床の滑りが良いほうがいいのか、しっかりとグリップをきかせる必要があるのか等で、床に求められるものが違います。
ダンスは足への負担も大きいことから、一日中過ごすスタッフにも配慮した体にやさしいダンススタジオを作ることも大切です。
ダンススタジオの開業を検討するときには、まず場所などの立地条件はもちろん気になると思いますが、一番大事なのは床のことなのです。

 

ステップや動きに合わせて必要な対策を考えて施工を依頼しましょう。
防音や防振など、必要な対策をきちんとすることで足への負担も軽減し、騒音や振動への対策とコストパフォーマンスの条件までも解決できます。
ただし建物の構造によっては施工できる対策も限られることがあります。

CONTACTSお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

0120-973-873 平日 AM10:00~18:00

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-5-5ウインビル3F

WEBでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

協力会社募集

詳細はこちら

東京の店舗設計施工 | 株式会社 クロニカデザイン > お役立ち記事 > ダンススタジオ開業で注意すること