集客を考えた店舗デザインならクロニカデザイン

services

初めての飲食店開業、オープンまでの流れと注意するポイント

飲食店を開業するには、さまざまな準備や手続きが必要なため、準備不足で慌てないようにしっかりスケジュールを立てておくことが大切です。しかし、初めての開業ではいつの時点で何を準備すればいいのか、どのようなスケジュールを立てればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。今回は、初めて飲食店を開業される方にオープンまでの流れや注意点をご紹介します。

飲食店開業までの大まかな流れ

① 情報収集(6か月~1年前)
店舗を開業したいと思ったときから、店舗に必要な情報収集を始めましょう。不動産情報やエリア情報、食材や仕入れの情報、同業他店の情報などの他に、思いついたアイデアやメニューなど、店舗につながることは全て書き留めておくといいでしょう。情報を収集するうちに、どの地域で開業したいか、どのような内装の店にするのか、どのようなメニューを置くのか、開業したい店舗の形が見えてくるでしょう。

② コンセプトを決める(6か月~1年前)
コンセプトとは、「当店はこんな店です」という基本的な考え方を示すものです。体で例えるなら骨格。コンセプトによって、店舗の内装やサービス内容、メニューも変わってきます。ぶれないしっかりとしたコンセプトが必要です。

③ 事業計画の立案(6か月前)
事業計画は、コンセプトに沿った店舗の概要や売り上げ計画・収支計画・資金調達計画・返済計画などを立案します。日本政策金融公庫などに融資申請する場合は、事業計画書を提出する必要があります。

④ 物件探し(6か月前)
自宅からの交通の便などを考慮した上で開業するエリアを決め、物件探しを始めましょう。物件探しはすぐに良い出逢いがあるとは限りません。余裕を持って探すことをおすすめします。また、開業するエリアは、平日や休日のあらゆる時間帯の人通り・年齢層・男女比などの市場調査を行います。

⑤ 店舗の仮契約・資金調達(3~4か月前)
店舗物件の仮契約が済むと融資の申請が可能になります。融資決定の通知は申し込みから1か月~1か月半程度かかることもあります。

⑥ 店舗の本契約(3か月前)
店舗が人気物件ならば、仮契約で物件を抑えることができない場合もあります。めったに遭遇しない好立地物件の場合は、スピーディーな本契約が必要になるケースもあるので注意しましょう。

⑦ 店舗デザイン・内装工事(2~3か月前)
オーナー様の理想をしっかり捉え、店舗に反映してもらうためにも、デザイナーや内装業者の選定は慎重に行いたいものです。それぞれに得意分野があるため、同業店舗の施工実績の多いデザイナーや業者を選ぶと安心です。デザインや内装工事にかかる期間は店舗の規模によりますが、デザインに1~2週間程度、内装工事に2~3週間程度はみておきましょう。

⑧ メニュー決め・設備・什器・備品などの準備、スタッフの募集(1~2か月前)
内装工事を始めると同時にメニューを決めたり、設備や什器備品を準備したり、仕入先の選定・スタッフの募集などを始めましょう。

⑨ 開業手続き(1か月前)
オープンまでに忘れてはならないのが、開業の手続きです。オープン前に必ず必要な手続きは、食品衛生責任者の資格取得(調理師・栄養管理士等資格を持つ人がいれば不要)と保健所の営業許可申請です。営業許可証の発行には、2週間程度かかることがあるので、余裕を持って早めの申請をおすすめします。

また、以下はオープンしてから1か月までに届け出が必要です。
・深夜営業で酒類を提供する場合は、警察署へ届け出が必要。
・消防署へ防火管理責任者の届け出(30人以上収容できる店舗の場合)。
・税務署へ開業の届け出(個人事業主の開業・廃業等届出書)。

⑩ 集客活動・スタッフ教育(1か月前)
店舗のオープン日が決まったら、集客のための宣伝活動を始めましょう。チラシやDM・名刺の作成、メニューや看板の準備も必要です。
また、スタッフ教育は個人経営の飲食店でも大変重要です。スタッフ全員にお店のビジョンやコンセプトを共有してもらうことがスタッフ教育の第一歩。細かい内容はマニュアル化し、チェックシートを作成しておくといいでしょう。

⑪ プレオープン(1日~2日前)
プレオープンは、お客様や友人、関係者などに対して、どのような店でどのようなサービスや味を提供するのかを知ってもらうこと(宣伝)を目的として行います。また、オープン前の予行演習といった意味でも大切なもの。料理の提供がスムーズに行えているか、スタッフのサービス内容に問題はないかなどをしっかりチェックしてオープンに備えましょう。

⑫ オープン
いよいよ念願のオープンの日です。
開店前は再度、店舗内外のチェック・スタッフの服装のチェック・備品のチェックなど最終確認を怠らないようにしましょう。
オープンは飲食店経営のスタート地点です。一歩一歩着実に、成功店舗へと導いてください。

以上が、店舗開業までの大まかな流れになります。半年前から物件探しなど本格的な準備が始まりますが、半年という期間はあっという間です。準備が足りなかったと後悔しないようにしっかりとスケジュールを立て、抜かりなく準備や手続きを進めていきましょう。

クロニカデザインは、さまざまな店舗の豊富な施工実績にもとづき、店舗開業に不安をお持ちの方にコンサルティングもさせていただいております。立地の不安や物件の不安など、お気軽にご相談ください。

CONTACTS

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

03-6457-4907
平日 AM10:00〜PM6:00
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-5-5ウインビル3F

WEBでのお問い合わせ

協力会社募集

03-6457-4907
平日 AM10:00~PM6:00

ホーム › サービス紹介 › 初めての飲食店開業、オープンまでの流れと注意するポイント