0120-973-873平日 10:00~18:00

INTELLIGENCEお役立ち記事

火災保険だけで大丈夫?飲食店で備えておきたい保険を解説

飲食店を経営されている方は、当然ながら火災保険に加入していることでしょう。 テナントの場合は賃貸契約時に火災保険を勧められて、そのまま加入している場合も多いかと思いますが、補償内容などはきちんと把握しているでしょうか? 万が一火災が発生し、大きな被害を受けたにもかかわらず、満足な補償が受けられなかった場合は、再起を図ることが困難になってしまう可能性も出てきます。今回は、飲食店に起こり得るリスクと備えておきたい保険を解説します。

飲食店で起こり得るリスクは店舗によって異なる!

一口に飲食店舗といっても常時強い火力を必要とする焼き肉店などもあれば、ほとんど火を使用しないバーなどもあります。 また、立地や環境が異なれば想定されるリスクも異なります。 飲食店で考えられるさまざまなリスクを以下に挙げてみました。

賃貸店舗で発生する借家人賠償責任

店舗が自分の所有物の場合は、火災保険によって建物を始め什器や設備に至るまで損害を請求することができますが、賃貸物件の場合、建物は家主の所有となるため建物に保険をかけることができません。 賃貸で火災保険をかけるのは什器や設備にかける家財保険になります。 しかしながら、火災を発生させてしまった場合は家主への損害賠償責任が発生します。 そのため賃貸契約の際に借家人賠償責任保険特約がセットされた火災保険の加入が義務付けられるケースが多くなっています。

食中毒

飲食店で最も注意したいのが食中毒です。被害者への治療費や入院費の負担から、お見舞金や休業補償など多くの損害賠償金が必要になるばかりでなく、営業停止や店のイメージダウンなど、損害は測りしれず飲食店にとっては死活問題になってきます。

水漏れ

飲食店は火だけでなく水も大量に使用するため、店舗が上階の場合には下の階への水漏れリスクも発生します。 また、下階ならば上階からの水漏れ被害を受ける可能性もあり、しばらく営業ができなくなるケースも出てきます。

車の飛び込みや交通事故

店舗が一階で車が通行する道路に面している場合などは、近年多くなっている車の飛び込みや交通事故の「とばっちり」を被るリスクもあります。

盗難

治安が悪い地域や、夜間に人通りが極端に少なくなる地域では、盗難や店舗荒らしのリスクも考慮に入れておきましょう。

台風や豪雨による浸水

近年は気候変動の影響もあり台風や豪雨による被害が大きくなっています。台風や豪雨の多い地域で、低い土地に立地している場合は浸水の被害が想定されます。 以上のように、飲食店には共通のリスクと立地や地域の環境によって想定されるリスクがあります。自店にはどのようなリスクが想定されるか十分に検討し、リスクに備えられる保険への加入が必要になります。

火災保険で補い切れないリスクは店舗総合保険で!

一般的な火災保険の補償対象は火災や爆発の他に、落雷・風災・雹災・雪災などの自然災害による損害も補償されます(自然災害でも地震や地震による津波などは補償対象外)。 しかし火災保険だけではさまざまな飲食店のリスクを補うことはできません。 そのため飲食店では、店舗総合保険の加入をおすすめします。 店舗総合保険とは、店舗経営に伴い発生するさまざまなリスクをカバーできるように補償内容を広げた保険です。 一般的な火災保険との店舗総合保険との補償内容の違いは、以下の表でご確認ください。

店舗総合保険の場合は、火災保険よりも幅広いリスクをカバーしていますが、食中毒やお客様や通行人へ与えた損害、地震による被害などは対象外となっています。 これらのリスクに備えるためには、別途特約をプラスする必要があります。 また、上記の補償内容で不要だと思われるものは、補償対象から外すことも可能です( 火災・破裂・爆発・落雷・風災・雹災・雪災以外)。

店舗総合保険加入のポイント

加入する保険の補償内容をしっかり確認

店舗総合保険は保険会社によって補償内容が異なります。確認しないといざ保険金を請求する際に、対象外だったなどといったケースも出てきます。 また、受け取れる保険金額の上限も確認し、自店の設備や什器の資産額に見合った補償額の保険に入りましょう。

借家人賠償責任保険は必須!

店舗が賃貸物件の場合は、建物の所有者に対する法的な賠償責任が発生するため「借家人賠償責任保険」は必須です。 加入の際は保険金の上限額とどのようなケースで保険金を受け取ることができるのか確認しておきましょう。

食中毒保険も重要!

飲食店で一度食中毒を発生させてしまうと、店舗の規模にもよりますが数百万円規模の損害賠償金が必要になるといわれています。 他にも営業停止期間中は売上がゼロになり、営業を開始してからも顧客離れなど厳しい経営が続きます。 飲食店では、食中毒保険への加入を是非おすすめします。

 

 

 

CONTACTS

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日 AM10:00〜PM6:00
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-5-5ウインビル3F

WEBでのお問い合わせ

協力会社募集

東京の店舗設計施工 | 株式会社 クロニカデザイン > お役立ち記事 > 火災保険だけで大丈夫?飲食店で備えておきたい保険を解説