0120-973-873平日 10:00~18:00

INTELLIGENCEお役立ち記事

窓の効果的な防音対策

新しく店舗やオフィスを開業する場合、防音対策もしっかり考えておきたいものです。交通量の多い道路沿いの建物など、周辺の環境によって騒音は思った以上に深刻な問題になります。一日の大半を店舗やオフィスで過ごすワーカーにとっては、騒音が最も大きなストレス要因ともなりうるからです。快適な店舗やオフィスづくりには、防音についての知識を持ち、効果的な防音対策をお勧めいたします。

防音とは?

防音には二つの方法があります。「遮音」と「吸音」です。この2つを効果的に取り入れることにより防音効果を発揮します。要するに、防音とは「遮音」と「吸音」をすることなのです。 「遮音」とは音を遮ること。これは音をできるだけ多く反射させることで音の通り抜けを防止します。コンクリートや金属などの面密度が高いものほど、遮音性能が高くなります。「吸音」とは音を吸収させ、反射させないようにすることです。音は空気の振動により伝わりますが、この空気粒子の振動は多孔質型吸音材などを置くことで、空気粒子と繊維との間で摩擦が生じ、音のエネルギーが熱に変換されます。言い換えれば、「吸音」とは音のエネルギー を熱に変換させ、音のエネルギーを減衰させることなのです。

吸音材料の種類

吸音材料は吸音構造の違いから、3つに分けられます。

○多孔質型吸音材料:ウレタンフォーム・グラスウール・ロックウール・不織布など、通気性のある連続気泡や細かい繊維状の構造のもの。

○板振動型吸音材料:板は音を反射するので、遮音材でもありますが、薄い板材などを剛壁から浮かせた状態で設置すると音による板振動から、音が熱に変換され吸音されます。

○共鳴型吸音材料:孔あき板と剛壁で共鳴体を構成したもの。音により孔と壁の間の空気が共鳴すると、孔の周囲の空気が激しく振動するため、その摩擦から音が熱に変換され吸音されます。

窓の防音対策

外部からの騒音はあらゆる所から侵入しますが、中でも窓からの侵入が最も多いと言われています。窓はスムーズに開閉できるように元々サッシには隙間があります。音の侵入は窓ガラスからよりも、この隙間を縫って侵入してくるものが多く、窓ガラスを厚いものに交換しただけでは不十分です。窓の効果的な防音対策をご紹介いたします。

○二重窓
既に設置されているサッシを防音用のサッシに交換することはひとつの方法ですが、これは簡単な工事ではなく、費用も手間もかかります。
簡単な方法は後付けタイプの二重窓を設置する方法です。設置されている窓の内側の額縁に防音効果の高い窓を設置することで、高い防音効果を発揮します。以前は窓を閉めた状態でも 55dB(デシベル)であった騒音が、二重窓を設置することにより、40dB まで低減させることができます。音が 10dB 下がると人間の耳には音が半減したように感じるそうです。
騒音の目安は、80dB で通勤電車の中、70dBで電話のベルやデパートの中、60dB で普通の会話、50dB で静かな公園や事務所、40dBでは図書館並みの静けさということです。

○防音シート
より簡単な方法としては、DIYも可能な窓用防音シートを貼ることです。ある程度透明感をキープしたいなら、窓用防音透明シートがお勧め。素材は難燃性塩ビフィルムで、厚みが2mmあります。しかしガラス面に貼るだけのシートなので、サッシの隙間から侵入する音などはシャットアウトできません。より効果的にしたいなら、他の防音アイテムと組み合わせて使用した方がいいでしょう。

○防音カーテン
最近は、防音機能を付加したカーテンが豊富に市販されています。一枚のカーテンが3重構造になっているものもあり、これは吸音効果のある生地層とアルミや酸化チタンによるコーティング層で遮音するため、「吸音」と「遮音」の両方の効果が期待できます。防音カーテン設置のポイントは、ぴったりと窓を覆うようにすることです。空気が逃げる隙間があればそこから音も漏れます。カーテンボックスなどを設置すると効果がアップします。

○窓埋め
窓を完全に塞いでしまってもいい場合などは、窓用ワンタッチ防音ボードがあります。防音カーテンや防音シートよりも防音効果が高いので、酷い騒音で悩まされている方にはお勧めです。窓枠内側にピッタリ収まるように取り付けるため、オーダーメイド商品になっています。
幅911mm ~ 1820mm、高さ500mm ~ 910mmまでの窓なら対応可能。ボードは1枚タイプと2枚、3枚連結タイプがあります。

その他にも、様々な防音対策アイテムが豊富に揃っているので、窓の防音対策と同時に壁面や天井、床などの防音対策も考えるとより効果的です。快適な店舗やオフィス空間づくりには防音対策が必須です。内装工事の際は防音対策も忘れないようにしましょう。

CONTACTS

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日 AM10:00〜PM6:00
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-5-5ウインビル3F

WEBでのお問い合わせ

協力会社募集