集客を考えた店舗デザインならクロニカデザイン

services

快適・効率的な職場のために!オフィスレイアウトの作成ポイント

オフィスのリフォームや移転の際、新オフィスこそ快適で効率的、またおしゃれなオフィスにしたいと望んでいる社長さんが多いのではないでしょうか。
しかし、スペースに限りがあることやオフィスビルによって様々な制限があること、さらに中小企業ではオフィスにかけることができる費用も限られてしまうため、理想のオフィスづくりはなかなか難しいかもしれません。しかし、制限はあってもポイントを押さえ工夫することで、より快適で効率の良いオフィスづくりが可能です。
ここでは、オフィスレイアウトの作成のポイントと注意点をご紹介します。

現在のオフィスの問題点と新しいオフィスのイメージを明確にする

まず、現在のオフィスの問題点を洗い出してみましょう。これはスタッフ全員の意見が必要です。スタッフの作業内容によっても、問題点が異なります。例えば、集中力が必要な作業をしているスタッフなら、社内の騒がしさにストレスを感じているかもしれません。また事務職なら書類などの収納スペースが足りなくて不便を感じていたり、女子スタッフなら給湯室やトイレなどに不満があったりなど…。
直接上司に言えないことも多いため、アンケート調査などによって問題点を明確にしておきましょう。

次に考えることは、どのようなイメージにするのかオフィスデザインのコンセプトを明確にすることです。例えば、明るく楽しそうなイメージのオフィスとか、モダンでシャープなイメージのオフィス、おしゃれで個性的なオフィス、ナチュラルイメージのオフィスなど。オフィスのイメージは人によって好みが異なるため、これもスタッフの全員の意見を聞きたいものです。また、自社の業種にマッチするイメージであることが大切です。

さらに、必要なオフィス機能や新たに導入したい機能をリストアップしましょう。
必要な機能は当然ながら業種によって異なり、小規模オフィスでは複数の機能を兼ねたスペースづくりも必要になるでしょう。例えばミーティングルームとリフレッシュルームを兼ねる、執務室の一部に来客コーナーをつくるなど、スペースに合わせフレキシブルに対応できるオフィスづくりを目指しましょう。

オフィスデザイン・レイアウトのポイントと注意点

オフィスのデザインやレイアウトは以下のようなポイントに注意しましょう。

①レイアウトの基本は効率的なゾーニングから
オフィスの効率性はゾーニングに左右されます。ゾーニングとは、オフィススペースをいくつかのゾーンに分け効率的に配置すること。オフィスの場合は、セキュリティーの観点からも重要です。来訪者が立ち入るゾーン・社員のみが立ち入る業務ゾーン・機密情報ゾーンなどに分割します。小規模オフィスの場合でもパーテーション(間仕切り)などを利用して来訪者の視線を避け、来訪者ゾーン内へと誘導することができます。

②統一感のあるデザインにする
人は統一感のあるデザインや調和が取れているデザインに美しさを感じ、心地良さや安心感をいだきます。オフィスでも様々なテイストを取り入れるのではなく、コンセプトに沿った統一感のあるデザインを心がけましょう。

③コーポレートカラーを有効に活用する
自社のコーポレートカラーをアクセントとしてオフィスに取り入れることは、大変有効なブランディング効果があります。色の知覚は人の感情に結びつき、ブランドに愛着を感じるようになるといわれています。これは来訪者にかかわらず、自社のスタッフにも有効に作用することでしょう。

④オフィスに合ったデスクレイアウトをする
1日のほとんどの時間を机で作業するスタッフにとって、デスクレイアウトは大変重要です。デスクレイアウトの考え方は、コミュニケーションを重視するか集中力を重視するかによってレイアウトが異なります。主なレイアウトは、対向式・同向式・左右対向式・背面式・フリーアドレス式などがありますが、各部署の作業内容によって最適なデスクレイアウト選びましょう。

⑤動線はシンプルに、通路は十分な幅を確保
オフィスの動線は作業効率や安全性の観点からも大変重要です。動線はできるだけ短くシンプルが理想的。複雑な動線や行き止まりがあると万が一災害が発生した場合などに安全な避難経路が確保できなくなります。
また、人が多く通るメインの動線とサブ動線が明確に区別されていることが大切です。重なっていると接触事故が起きやすく、作業効率が低下します。
動線となるメイン通路の基本寸法は160cm以上。180cm程度あれば理想的です。サブ動線は人と人とがすれ違いが可能な120cm以上が望ましいでしょう。

最新のオフィスの傾向は、パソコンが薄くなったことや固定電話が少なくなったことから、必要なデスクの大きさが小さくなったことが挙げられます。一般的なデスクのサイズ140cm×70cmよりも近年は小さめの120cm幅が多く採用されています。また一人当たりのオフィス面積も従来は3坪(約10㎡)といわれていましたが、近年はオフィスビルの形状も変化して柱が少なくなり、デッドスペースが減少したことなどから縮小傾向にあるようです。
職場環境の改善は、生産性の向上や離職率の低下につながることが実証されています。自社にとって最適なオフィスレイアウトで、快適で効率的なオフィスづくりを目指しましょう。

クロニカデザインはオフィスの規模にかかわらず、デザインやレイアウトから施工まで承ります。何なりとお気軽にご相談くださいませ。

CONTACTS

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

03-6457-4907
平日 AM10:00〜PM6:00
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-5-5ウインビル3F

WEBでのお問い合わせ

協力会社募集

03-6457-4907
平日 AM10:00~PM6:00

ホーム › サービス紹介 › 快適・効率的な職場のために!オフィスレイアウトの作成ポイント