集客を考えた店舗デザインならクロニカデザイン

services

ダンススタジオの物件の見つけ方

最近はダンス人気が高まりを見せているようですが、その背景には学校教育にもダンスが必須科目となり、ダンスの価値が見直されるようになったということもあるでしょう。ダンスを教育に取り入れたのは、単に運動としてだけでなく、仲間とのコミュニケーション能力の向上や、ダンスを通して表現力が磨かれるという理由があるそうです。子供だけでなく、女性にはダイエットや運動不足の解消、アンチエイジング対策としても広がりを見せています。そんな中でダンススタジオを開設したいと考えておられる方も少なくないと思います。今回はダンススタジオの物件探しで、必ず注意しておきたいポイントをご紹介いたします。

防音・防振に対応できる物件を選ぶ

ダンススタジオ開設の際、立地の利便性は当然考えなければなりませんが、同時に防音・防振対策が必須です。防音・防振対策に対応できる物件を選ぶということが重要なポイントとなります。ダンスによっては、大音量での音楽を必要とする場合もあります。防音対策が十分でないと、近隣からのクレームが相次ぎ、トラブルになることも珍しくありません。しかし後からでは十分な防音・防振対策が施せない可能性もあり、時間と費用の無駄にもなります。不動産会社の広告などで、ダンススタジオに適した物件と記載されていても、実際に防音・防振対策が予めできている物件かどうかは判りません。ほどんどの物件は自分で防音・防振対策を施す必要があります。また、地下だから安心と考えるのも早計です。地下の場合でも防音・防振対策が必要です。更に地下の場合は湿度の対策も不可欠になってきます。

専門家のアドバイスで無駄のないスタジオづくりを!

では、どのような物件が防音・防振対策に対応できるのかということになりますが、スラブの厚さや天井の高さ、梁の太さやスパンといった、建物の構造(躯体)を見る必要があります。構造によっては、防音・防振対策に限界があることも…。ダンススタジオは、経験豊富なプロにより完全に施工することが非常に大切です。もしオーブン後に不具合が生じ追加工事が必要になると、大幅な予算オーバーになるだけでなく、スタジオ運営にも支障をきたします。弊社は、オーナー様が安心してスタジオ経営に専念していただけるよう、ダンススタジオに最適な物件探しからお手伝いさせていただき、プロの目でしっかりとアドバイスをさせていただいております。

最近は倉庫リノベーションが人気になっています。倉庫をリノベーションして開放的でおしゃれなオフィスや店舗、スタジオ、住居などに変身させている人も多く、倉庫の注目度が高まっています。倉庫の魅力は何と言っても、天井高のある開放感のある作りと、通常のテナント物件よりも賃料が安いことが挙げられます。ダンススタジオにも最適です。トレンドのインダストリアル(工業的)スタイルなダンススタジオはいかがでしょうか?
クロニカデザインはあらゆる観点から、オーナー様に最適な物件をお探しいたします。

CONTACTS

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

03-6457-4907
平日 AM10:00〜PM6:00
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-5-5ウインビル3F

WEBでのお問い合わせ

協力会社募集

ホーム › サービス紹介 › ダンススタジオの物件の見つけ方