集客を考えた店舗デザインならクロニカデザイン

services

居抜き物件で開業するための注意点

開業資金を大幅に抑えられるということで、居抜き物件を探している方も多いと思います。立地の良い居抜き物件などは、すぐに次の借り手が決まってしまうほどの人気。居抜き物件のメリットは何と言っても内装費や設備費を抑えられ、すぐに営業が可能なことです。しかし居抜き物件と言ってもピンキリ。物件によってはあまりメリットを得られない場合もあります。一方で、看板だけの取り換え程度で営業が可能な場合のメリットは圧倒的です。居抜き物件を借りる際には、内装工事や設備などのポイントをしっかり確認することが大切です。居抜き物件で必ず押さえておきたいポイントをご説明いたします。

居抜き物件を借り際、必ず付いてくる「造作譲渡」

居抜き物件に必ず付いてくるものが「造作譲渡」の費用です。これが安いにこしたことはありませんが、立地が良い物件ではかなり高額な金額を求められる傾向です。中には既にボロボロで、どうやっても使い物にならないような“シロモノ”に高額の費用が付けられ、不動産会社にその旨を訴えても「まあ、権利金みたいなものですよ」と軽くあしらわれることも。実際に物件の立地が魅力的で、借りたいと希望する人が複数いる場合は、権利金という側面もあるかもしれません。例えボロボロでなくても、前店の造作や設備を使わず改修する場合などは、「造作譲渡」費用の無駄ということになります。したがって、居抜き物件を借りる際には、工事を想定してじっくりと内見し、メリットの大きい物件か否かの判断をする必要があります。

「造作譲渡」の設備の詳細や譲渡範囲の確認

居抜き物件のメリットを判断、確認するポイントは以下の通りです。
・設備、機器の確認
・造作物の位置、状態、構造
・給排水管、排気、ガス、電気
・看板、ファサード
設備、機器の確認というのは、どの設備が譲渡物なのか、建物自体の設備なのかといったことや譲渡物の中にリース契約商品が含まれていないかなどの確認です。リース契約をしている機器なら、そのまま高額なリース代金まで引き継ぐことになってしまう可能性もあります。例え譲渡物でも、自店で使われないモノがあれば、廃棄処分することになるので費用がかかってきます。また、自店で使うモノであっても、故障がないかの確認もしておきましょう。修理代が思ったより高額になる可能性もあります。更に、レイアウトの都合上、トイレの位置を変更するなどの工事では、現状のトイレの解体→排水管の引き直しなどの工事が必要になり、スケルトン状態から工事を行うより費用がかかる場合もあるので注意しましょう。
逆に空調・給排水・ガス・電気などをそのまま問題なく使える場合は、造作を全て解体し新しい店に作り変えたとしても、完全スケルトン状態の物件よりコストが抑えられこともあります。また、壁の下地はそのまま使える、照明器具を変えるだけでイメージに合った照明効果が得られるなど、細かく見ることで高い造作譲渡費用を支払ったとしても、それに見合うだけのメリットが得られる場合もあります。

居抜き物件をフル活用するには”アイデア”が必要!

居抜き物件に手を加え、自店に適した機能性を持たせるには、アイデアに富んだ工事が必要です。「何をどのように活かし、どのように手を加え、機能性を向上させられるか?」ということを業者と一緒に考えるというスタンスが重要です。業者は工事のプロ。居抜き工事の経験や知識も豊富です。様々な角度から既存の造作の活かし方を熟知しています。積極的に提案してくれる業者もいれば、求められないと提案しない業者もいるでしょう。また業者によって得意な分野もそれぞれ違います。願わくは前者のような業者に出会い、内見に立ち会ってもらって色々なアイデアやアドバイスを受けることが望ましいですね。
商売をするということは、様々なモノを見る目を必要とします。お店を開きたい方なら、お客様を見る目や商品を見極める目は既にお持ちでしょう。しかし物件を見る目や自店へのメリットを見極める目、業者を選択する目も必要です。目を見開き、しっかりと見てください。あなたの見る目が開業資金のコストダウンに繋がることだけは間違いありません。

CONTACTS

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

03-6457-4907
平日 AM10:00〜PM6:00
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-5-5ウインビル3F

WEBでのお問い合わせ

協力会社募集

ホーム › サービス紹介 › 居抜き物件で開業するための注意点